3つの宗教の聖地:エルサレム旧市街(イスラエル)

3つの宗教の聖地がある、神聖な場所がイスラエルにあるエルサレム旧市街です。街並はとても幻想的な作りになっていて、ファンタジー世界が現実になったような街並です。見所は何と言っても各宗教の建築物で、市街地で一番目立つのは、イスラム教の聖地である「岩のドーム」ではないでしょうか?また、ここでオススメの食べ物は、ファラフェルと呼ばれる豆で作ったコロッケです。喫茶店を含む飲食店が多い特徴もあるので、グルメツアーをしたい人にもオススメの場所ですよ。

 

日本でも有名:死海(ヨルダン)

ヨルダンにある死海(川西岸地区にあります)は、日本でも有名ですよね。死海の名前の由来は、高すぎる塩分濃度ゆえに生物が生息できない…という理由から命名されました。そんな死海が人気の理由は、体が浮く遊泳体験を行う事が出来るからです。通常の10倍にも及ぶ塩分濃度の影響で、ひとたび海に浸かれば、永遠に浮き続ける事が出来ますよ。自然界でこれほどまでに塩分濃度の高い海は、ヨルダンの死海を除いてありません。エメラルドブルーの美しい海も魅力的です。ヨルダンに立ち寄った際は、死海にも立ち寄ってみて下さいね。

 

まるで純白の荒野:パムッカレ(トルコ)

トルコ語で「綿の宮殿」という意味のパムッカレは、世界遺産にも登録されている場所で、一面が純白の美しい場所です。まるで雪景色のような場所ですが、白く見えるものは雪ではなく天然の石灰棚です。この場所は、弱酸性の雨が丘陵地帯の石灰棚を溶かした事によって出来ました。また、この場所は地熱によって温められた温泉が流れているので、足湯を楽しむ事が出来ますよ。ただし、訪れるタイミングによっては温泉が流れていない場合もあるので、足湯に入れたらラッキーです。